子どもの初めての歯磨きは謎がいっぱいでした。まずいつから始めるべきなのか?どんな種類のものを撰べばいいのか?すすぐことできないけれども、磨いたら磨きっぱなしでも大丈夫なのか?歯磨き粉はいつから使った方がいいか?疑問に思うことがたくさんありませんか?今回は現在息子が二歳児なのですが、これまで歯磨きについて上記にあげたさまざまな疑問を持ち、色々とネットや保育園の先生に聞いたりなどして、歯磨きをしてきました。その中でこのやり方で本当に良いのかと疑問に思ったり、失敗したかなと思う経験談を話しますね。

 

初めての歯ブラシ購入

乳歯の前歯が下2本が生えそろった時に歯ブラシを買いに行きました。初めて使う赤ちゃんの歯ブラシは、普段目にする歯ブラシとは大分イメージが違っていて、シリコン素材のリング状になっていて、先端に突起物がいくつもついた歯がためみたいなものでした。しばらくはずっとその歯ブラシを好きに持たせてあげることが多かったです。最後にささっと仕上げ歯磨きをしてあげるくらいでした。

歯磨きをしたての頃は大人しく歯磨きもさせてくれたのでなんの悩みもありませんでした。乳歯がダイブ生えそろうと次は0歳から3歳用のアンパンマンの歯ブラシに変えました。この時、1歳半~5歳用のアンパンマン歯ブラシもありましたが、どんな違いがあるのか分かりませんでした。今は1歳半~5歳用の歯ブラシを使っています。その時に違いに気が付いたのですが、ブラシの大きさが今使っている歯ブラシの方が大きいです。小さい方が磨きやすいのではないかとも思っていたのですが、時間がやたらとかかります。この0歳から3歳用の歯ブラシに変えた頃から、私の子供は歯磨きの仕上げを嫌がるようになりました。

 

後悔したこと

仕上げ歯磨きを嫌がるようになり、どう対応すればいいのかとても困りました。結果、嫌がるのは分かりつつも暴れてのどについても危ないので、覆いかぶさって動けないように押さえてササっと仕上げ歯磨きをするようになりました。虫歯になられるよりはマシだと思いながらしていたのですが、心を鬼にして無理やり仕上げをさせる私よりも、父親の方に仕上げをお願いするような悲しい結果を招くこともしばしばあります。ネットで対処法を調べると、ぬいぐるみ作戦が有効という記事をみかけたので早速実践しました。「ドラえもんの歯みがいてくれる~?」と呼びかけると嬉しそうに歯ブラシを持って一生懸命ドラえもんのお面の口を磨いています。それがある程度終わると、「じゃあ一緒に歯ブラシしようね」と仕上げをすると成功することも増えています。根気よく嫌がらずに進めるためには、安心できるぬいぐるみなどで気を引かす作戦とっても有効です。

 

歯磨き粉をつけるタイミングが分からない

歯磨き粉の成分は本当に子供に使っても大丈夫なのか、まだ歯に汚れがそんなつかない年齢なのではと思いこみ、今まで実は使ったことがありません。市販で売られている子供用の歯磨き粉を見ると、シートタイプや乳歯が生え始めた頃から使えるジェル状タイプのものもあります。ピンキリなのでいつから始めた方が良いか疑問に感じました。ちなみに歯磨き粉をつけるタイミングは、すすぎが上手にできるかどうかという意見もありました。我が家ではまだ完全にすすぎが上手ではないので、歯磨き粉はしようせずに磨き終わりにお茶を飲ませています。(※個人的な判断でお茶には殺菌作用があると聞いたからです)色々と情報を調べてみると、歯磨き粉については賛否両論です。ただ素人目線でなんでも判断するのではなく、予防として歯医者さんに定期的に診てもらって正しい処置の仕方をうかがうのが一番安心できる方法ではないかと思います。