出産を経て、初めてのバスタイムを迎えるために色々とお風呂用のベビー用品を買えそろえると思います。私が使用して良かったなと思えるベビー用品をご紹介したいと思います。

 

生後一か月までお世話になった「ベビー用のバスタブ」

使用後はスペースとるし邪魔になりました。という意見も聞きますが、最近では空気を膨らますタイプのものもあります。使わなくなれば、もしも二番目、三番目も子供をお考えのかたは、小さく畳んでその時まで収納することも可能です。大きな洗面台があって、そこで赤ちゃんを洗うのに事足りる家庭であれば確かに必要のない道具かもしれません。でも私のように賃貸などでそんな余分なスペースがない家庭の方はやっぱり役に立つ商品ではないかと思います。

 

湯温計等の小物類

ofuro

ベビーバスと合わせてよく買われるのが湯温計だと思います。でもこれ一緒にお風呂に入る頃には必要なくなってしまうものでもあるんですよね。そして、お風呂用のおもちゃも場所を取ってしまって収納に困ってしまうアイテムでもありますよね。そこでおすすめするのが百均の洗濯ネットと、ハンガー付きの収納ポケットです。ただし室内干し用のポールが取り付けてあればの条件になります。我が家ではかさばりがちなこういった小物類はネットで上から吊るす収納をしています。これ、水切れもしてくれるのでとても衛生的なんです!

 

洗い方は?

産院にいた際の沐浴指導は、ガーゼで洗うのが基本でした。しばらくはそれに見習ってガーゼで洗うようにしていましたが、手でも十分汚れが落ちますので基本的には手で洗っています。

ちなみに、新生児である間はベビーバスで入れるのが基本でしたので「沐浴剤」に大変お世話になりました。洗い流す必要がなかったので、初めて子供さんを出産されて一人で沐浴をされるママさんには使用されることをおすすめします。準備の手間が省け、洗い流しも不要なのでスムーズにいれれますよ。

 

沐浴剤からベビー石鹸に切り替える際にオススメのものが、全身一本で洗える泡タイプのベビーソープ(全身用)です。泡で出てくるから泡立ての必要がありません。温泉にも持ち運べるような大きさなので重宝しています。特に私の子供はすぐに脱走を図るような落ち着きのない子供なので、ささっと洗える泡タイプのベビーソープはとても重宝します。

ちなみに私の子供は肌荒れに悩まされたことはないので、石鹸もそんなに買い替えることがなかったのですが、肌に弱いお子様も中にはもちろんいらっしゃると思います。そんな方におすすめなのが「無添加せっけん」です。肌荒れがひどいという知人のお子さんが愛用しているものです。泡切れもいいので重宝しているそうです。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

個人的に役に立ったのが「ジョイントマット」

まだねんねの状態の時、お父さんの帰りが遅い等の理由から私が一人でお風呂を入れなくてはいけなかったときに意外と便利だったのが「ジョイントマット」です。お風呂に直接横にさせることはできないけど改めて買うのは勿体ないと考えて思いついたのが「ジョイントマット」を敷くことでした。しかも余ったジョイントマットです。ハイハイを始めるとどの家庭でも大体の家庭が愛用されています。早めに買っておいたので私はその余りを使ってお風呂で寝かせて洗ってあげていたことがありました。首が座るようになってバンボなどで洗うようになった際には、もう必要ではなくなったので捨てました。経済的で意外と便利です。お風呂場によってはサイズを変えることもできますしね。個人的にはお風呂用のマットは、わざわざ買う必要はないかなと思います。

 

まとめ

お風呂で使ってみて便利だなと思うグッズをまとめてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。