ade79824e25d259a186d4b53f7fe5a00_s

 

初めての育児で生まれた瞬間から実践しなければいけなくなるのが「おむつ替え」です。保健所などでプレママの講座で練習することもあるかもしれませんが、大抵その時は人形を使っての指導なので、生まれて本当に初めての時は助産師さんに指導をしてもらうと思います。でも、後は失敗しながら自分で学んでいかなければいけませんよね。今回は私も子育て中なのでおむつ替えで失敗した経験等や、使ってみて良かったと思える便利グッズをまとめています。参考にしていただけたらと思います。

 

苦労した初めてのおむつ替え

出産を無事に終えてしばらくは病院で助産師さんの指導の下、おむつ替えをしていました。無事に退院した後、私は里帰り出産でしたので実家へ帰省しました。エキスパートの助産師さんにはもう頼れないので指導されたことを思い出しながらおむつ替えを実践!慣れていないのでおしりふきの消費量が本当にあっという間でした。2、3日で1パックのおしりふきを消費していることに落ち込み、自分は下手なのかとも思い落ち込みました。しかも産んだのは男の子なので、うんちをしたら当然拭いて綺麗にしてあげるのは当然だとおもうのですが、おしっこだけのときってそもそも男の人って拭いているの?と疑問を持ったこともありました。その後、ネットで調べて拭かないことによる病気へのリスクが高まることを知り、おしっこでもちゃんと吹かなければと思い直したこともあります。

 

おむつ替えの便利グッズっていろいろとあるんです!

 

ビタット

おしりふきやウェットティッシュなどの蓋のシールがはがれて最後の一枚を使うまでに乾燥してしまって使い物にならなくなってしまったことはありませんか?この「ビタット」のすごいところはしっかりと密閉してくれるのはもちろん、使い捨てではないということです。とても経済的で便利な育児グッズです。形もシンプルな物からユニークなデザインのものまでさまざまな商品がありますよ。私の持っているのは「ミッキー」の形をしているデザインのものです。

 

オムツ用の消臭袋

ゴミ捨ても毎日あるわけではないので、家の中にどうしても2~3日は放置しておかなければならない日も出てきます。大体の方は、ベランダに置いたりして匂いがこもらないように対処すると思いますが、夏場は特に匂いがでやすい時期ですよね。そんな時に便利なのが「おむつ用の消臭袋」です。私は普段は玄関先にゴミ袋バケツを置いて、消臭剤を入れて臭い対策しています。でも、お出かけしてウンチをしてしばらく持ち歩かなければならなくなってしまった時に、大活躍するのです。流石にいくら臭くても専用のおむつ捨ての所にいかない限り、普通の公共のゴミ箱に捨てるのはマナー違反ですからね。離乳食が始まるとオムツの臭いも強烈になりますから、臭い袋に入れてオムツポーチに入れてると、臭いがついていることもありますので完全に臭いをシャットアウトできるものでもないのかなと思います。でも、ビニール袋だと完全に臭いが周囲に漏れますのであることにこしたことはありませんよ!

 

意外と便利なペットシーツ

私は友人からの出産祝いで、外出先で使えるおむつ替えシートをいただきました。もちろん愛用していますよ!ただこれから育児グッズをそろえなければいけないという方のためにおすすめしますのが、オムツシートの代わりになる「ペットシート」です。トイレ用のシートなので吸水性もありますしなんといっても使い捨てができて衛生的なのが良いところですよね。しかも180枚入りなどの大容量の物を買っても1500円もしないので経済的でもあります。

私は今、オムツトレーニングをおまるで今実践中なのですが、ここでペットシートを使っています。おしっこがでたときに吸収してくれるので、捨てやすいのです!ウンチがでたら中のうんちだけトイレに流してあとは袋に入れてゴミ箱に捨てています。

 

まとめ

オムツだけでも楽にするアイテムがいろいろとあるんです。今回は使って良かったと思える商品をメインに取り上げてみました。今回は書ききれなかった部分もありますので次回は続きを書きますね。