毎朝起きて作るお弁当はとっても大変!私も主人に毎朝弁当を作っているのですが毎回簡単に作れるものばかり作っています。そこで今回は忙しい朝でも5分あれば余裕で作れる私が作っているお弁当のレシピをあげますね。

 

甘い卵焼き

bento

 

・Lサイズの卵一つ
・砂糖大匙1
・塩ひとつまみ
・酢大匙2分の1

サラダ油をひいたフライパンを強火で加熱した後に濡れ付近を近くにおいてフライパンをフキンの上で一度冷ます。弱火にして卵液を流して卵焼きを作る

 

基本的な甘い卵焼きができるようになったら、私は味付け海苔を巻いたり、チーズ、ハム、ごはんですよ等を巻いてバリエーションを増やします。青のりや桜海老を混ぜても美味しいです。一緒に巻いたり混ぜるだけだから意外と簡単にできます。

 

 

冷蔵庫に余った葉野菜と塩昆布とマヨネーズ和え

なんでもいいです。キャベツであれば一枚太めの千切りにして、ボイル(又はレンチン)したものをマヨネーズと塩昆布であえます。お好みですりごまをふったらできあがり!

私はキャベツ、白菜、ほうれん草等が中途半端に余ったときによく作ります。

 

冷蔵庫に余った葉野菜と紫蘇ふりかけとマヨネーズ和え

このレシピも上記のレシピと作り方ほとんど同じです。冷蔵庫に中途半端に余った葉野菜をボイル(又はレンチン)したものをマヨネーズと青紫蘇で混ぜたら完成です。このレシピは付け合わせのスパゲッティのレシピでマヨネーズと青紫蘇のパスタの付け合わせからヒントを得て作り始めたのがきっかけです。アレンジを加えてパスタと葉野菜を混ぜたパスタサラダも作ることができますよ!

 

ただのゆで卵に飽きた時のアレンジレシピ

私は卵焼きを入れる日とゆで卵を入れる日があります。ゆで卵も味付けがワンパターンになりがちなのでいろんなアレンジの仕方をいいますね。

・ゆで卵を半分に割ってピザソースと100円で買えるバジルの粉末をふってトースターでチン(これにマヨネーズやチーズ乗せても美味しいです!)

・ゆで卵を半分に割ってご飯ですよとマヨネーズを乗せてトースターでチン

 

前日の夜から仕込んで当日に楽してできるお手軽お弁当メニュー

多くのママさんが前日の夜からお弁当のことを考えて夕ご飯のおかずを残しておいたり、お弁当用に仕込んでおくことが多いと思います。私も朝起きてできるおかずは数が限られているので前の夜に仕込むことが多いです。よりおかずのバリエーションが増えますものね。ただ前の夜のご飯がカレーだったり鍋だったりうどんだったりすると中々お弁当のおかずには入れられないですよね。そんな時に私が作り置きするおかずをご紹介します。

 

鶏肉の焼肉のタレ漬け

一口大に切った鶏もも肉をボールに入れて焼肉のタレ(我が家はエバラの焼肉のタレを愛用)とお酒をもみこんで一晩つけておきます。ここまでが前の晩のうちにしておくことです。

 

朝起きたらこれをフライパンで中まで火が通るまで焼いたら完成です。他にアレンジを加えて、小麦粉を付けて卵液につけてピカタ風にしてみたり、片栗粉をまぶしてから揚げを作ることができます。我が家では夕飯にもする定番メニューです。男の人が喜ぶのはもちろん子供もパクパクと食べてくれます。

 

鶏ミンチのハンバーグ

torihanba-gu

えのきやもやしをどちらか一袋に対し、鶏肉ミンチ500グラムくらい使います。えのきともやし一緒に入れるなら半々にするなど量を調節してみてくださいね。これに出汁の素を12グラムほどいれます。(多いと思う方は調整してください)後は塩コショウ、お好みでナツメグを入れて粘り気が出るまでまぜます。

お弁当サイズに丸める。ここまで前夜にしておくと朝が楽ちんです。

朝起きたらこれを焼いて最後にポン酢を回しかけたらできあがりです。和風の鶏ミンチのハンバーグです。これをアレンジして、シイタケやピーマンに詰めて焼いたりしても美味しいですよ。

 

まとめ

朝は時間がないから時間をかけずに手早くお弁当は作りたいものですよね。毎日お弁当を作るためには手を抜ける所は手を抜いて、楽しく作ることがお弁当を毎日作る秘訣です。