1c97f960ddf38296158abde047e536f3_s

生後5,6カ月を過ぎ始めたらそろそろかな?と考え始めるのが離乳食ですよね。私も最初の方はものすごいやる気満々で様々な育児雑誌を読んだり栄養価が偏らないように頑張ろうとしていました。今回は離乳食で私が実行して失敗したかなあと思う体験談について書きたいと思います。

 

最初にやったこと

離乳食を始めようとしたころまず離乳食を効率良く作るためにコンビの「ベビーレーベル 離乳食ナビゲート調理セットC」というものを購入しました。これ一つで茹でた野菜をカット、すりおろしなどができてレンチンもできてしまいます。百均や家にあるもので代用して作ることももちろんできるのですが私は子供のために一人分をいちから作っていたりしていたのでとても役に立ちました。

 

離乳食いよいよスタート!はじめは順調かと思いきや・・?

はじめは十分がゆをつぶしたものを一さじからスタートして、お米に慣れてきたらニンジン、かぼちゃなど野菜を一種類ずつ増やしていきました。新しい食材を試す際はまずは単体で一口ずつあげるのが基本なのですが段々と食べる野菜やしらすなどの魚の種類も増えてきて今ではズボラだなと思うことをしたんです。今まで食べなれている食材を私は味噌汁などのスープ類にしてお粥も混ぜておじやのようにした状態で新しい食材をプラスしてあげていたのです。

その食材の本来の味を知る上でも大切な機会を面倒だなと思う気持ちで与えなかったのです。多分思いついたのはもともと授乳だけの期間の間、私だけが食べるのなら味噌汁にご飯を投入した食べ方を永遠としていたからだと思います。

 

おかげで今子供は2歳の年齢なのですが好き嫌いが激しく出始めていてかなりの気分屋さんです。ほうれん草などの緑色の野菜はご丁寧に取り除きながら食べています。私が単体で食べさせたことがあまりないからだと思うのですが不思議と味噌汁やスープにしてあげると基本的にはなんでも食べてくれます。食べてくれるのならいいのではないか?と思われる方もいらっしゃると思うんですけれどもやっぱりいつかは生野菜をちゃんと食べれる子になってほしいという親の思いもあるんですよね。野菜を加熱処理してしまうと栄養素が壊れてしまうものもありますしね。

 

まとめ

以上のことからまとめると一番離乳食作りって簡単なのが野菜を味噌汁等にしてごはんと混ぜちゃえば親は簡単で楽なんですけれどもいざ単体でサラダとかにして出してあげた際に食べ慣れた食材のはずなのに味付けが違うと食べてくれなくなったりするんです。いっぺんに野菜がとれて栄養価も高いしお手軽だわ~と呑気に思っていたら保育園に入ると「酢の物などの和え物一切食べませんね・・・」と先生から聞いたりする度に離乳食の始め方失敗したかなあと考えることが度々あります。3歳までの食事で一生の味覚が決まるという言葉があります。どれだけ離乳食、幼児食で素材の味の基本を知れるかで左右されるとおもうのですが、3歳を目前にした我が子でもまだ遅くない!と自分に言い聞かせながら身体に良い献立を好き嫌いしないようにと願いながら作っています。それでも食べてくれない時も多いので怒ってしまうことも多いのですけどね。最後に我が子の好き嫌いをした時の対処法についてまとめてみます。

 

・嫌いなものを好きな物の下に隠してニコニコしながら食べさせる。

・本当にどうしようもないときだけスープにしてあげる

 

とりあえず今はとに隠すようにしています。でも最近食べる前に疑り深い目で一度じーっと確認してから食べています。なかなか隠す技も通用しなくなってきているので成長しているのは嬉しいけれども複雑な気分になります。

有効な方法としては好きなハンバーグの中に刻んでいれてしまったりなどして隠す方法もありですね。オーソドックスなやり方ですけどね。